特定非営利活動法人和(なごみ)のサイトです。 東日本大震災の復興支援がきっかけとなり、京都と宮城県石巻市において、様々な活動を展開しています。


福興サロン和~Nagomi~


平成29年度支援事業概要


 東日本大震災から6年が過ぎました。避難者の皆様は、避難先で悩んだり考えたりしながら日々の暮らしを送っていらっしゃることと思います。当法人は、避難生活を送る皆様が、少しでも悩みが軽くなったり、将来の展望ができたりし、より安心して元気に暮らしていただけるようなお手伝いをさせていただきたいと思って活動を行っています。


ご相談・お問い合わせは

電話 075-353-5181

メール info@fucco-nagomi.com


支援の内容


1、生活再建のための相談事業(京都・滋賀エリア担当)・戸別訪問
 おひとりおひとりのこれからの暮らしについて、「今後どうしたら?」「何から考えたらいい?」「自分だけで決めるのは不安」という方もいらっしゃいますので、まずはお話をよく伺います。そのうえで、行政の情報や、民間の支援で利用できるものをご紹介しています。 相談室への来所での面会のほか、ご自宅やご希望の場所での面会も承っています。まずはお電話いただくのが確実です。お気軽にご連絡ください。

  相談室 京都市下京区七条大宮西入西酢屋町10 キッチンNagomi2階
      月~金 10:00~17:00   土 10:00~14:00
      電話075-353-5181 メール info@fucco-nagomi.com 
      アクセス 京都駅から徒歩15分 / 京都市バスは京都水族館前下車2分
 ※ 相談員が訪問等で不在の時があります。来所の際は事前にお電話ください。

2、交流会開催・習い事支援・当事者企画支援
 キッチンNagomi2階にて、小さな規模の交流会やイベントを行っています。
学習支援や習い事支援(ピアノ・バイオリン)も行っております。
避難生活を送っている、または送っていた青少年への企画を開催します。
関西の様々な資源と連携し、バス旅行やバーベキューなどのイベントを行います。
支援団体や行政と連携し、交流相談会を開催します。
当事者の方々が企画する催しや取り組みを応援します。

3、ふるさと里帰り支援
 帰郷を考えたり、家族との時間を過ごしたりするため、ふるさとへ里帰りしたい、というニーズはとても多く、昨年度より福島県の事業にて、里帰りの支援が始まりました。また、西本願寺様のご寄附により、福島県以外の方への旅費支援を行っています。ふるさとへ帰還される場 合の旅費も申請可能です。
今年度は、7月より本格的にスタートいたします。当法人からのお知らせ(6月中旬以降随時ご案内)をご覧ください。


それぞれの支援につきまして、日程や申込方法などは、ブログにUPしてまいりますので、ご確認ください。

福興サロン和のブログ http://ameblo.jp/fucco-nagomi/

Q&A



Q.これから避難を考えたいときにはどこに相談すれば?
京都には様々な支援団体があります。
福興サロン和~Nagomi~へご相談いただければ、住宅に詳しい団体、コミュニティづくりを行っている団体、イベントのご紹介、幼稚園や保育園の情報、就労支援の取り組みなど、弁護士さんへのご紹介など、一元的なご案内が可能です。


Q.京都にはどんな支援団体がある?
京都では、京都府の防災原子力安全課・府民力推進課とともに、「避難者支援プラットフォーム」という会議体を形成しています。
http://www.pref.kyoto.jp/saigaishien/hinanshasien-pf.html
ここでは、多くの支援団体が月に一度会議を持ち、課題の共有やイベントの開催を行っており、官民協働の支援モデルとして高い評価を受けています。


Q.京都には避難者のコミュニティはある?
京都は、山科区、伏見区、宇治市などの公的な住宅に、まとまった形で避難者さんを受け入れています。
大きな住宅には当事者同士のコミュニティがあり、定期的に交流会や茶話会などを開催しておられるところもあります。
そのような大きな住宅ではなく、個々の住宅にお住いの方は、福興サロン和~Nagomi~のようなサロンや、他のイベントなどに参加しておられます。
京都で催されるイベントの案内は、http://fukushima.jpn-civil.net/ に定期的にUPしていただいていますので、ぜひご覧ください。


Q.就労支援はある?
京都における避難者就労支援は、京都府ジョブパークにおいて行っております。
ハローワークとは異なり、自分のキャリアの棚卸しや就職に至るまでのカウンセリング(相談)、自分のスキルに合わせた企業の発掘まで、じっくり時間をかけて行ってくれます。
被災した方、避難しておられる方を優先に雇いたいという企業情報もお持ちですので、時間をかけても納得した職場に巡り合いたいという方にはお勧めです。
http://www.pref.kyoto.jp/jobpark/topjob.html


Q.何からどう考えたらよいのかわからない・・・
長引く避難生活で、疲れてしまって・・・という方が多くなっています。
福興サロン和~Nagomi~では、オーダーメードのような支援を目指しています。
詳しくお話をお伺いし、どうすればよいのかを一緒に考えていきたいと思います。一人で悩まず、どんなことでもまずはご相談ください。
「話す」は、「離す」に通じます。課題を整理整頓できたり、優先順位をつけて考えたり、のヒントが見つけられたらと思います。